CM-2000M / CM-6000M

高耐熱広口容器のためのプリフォーム口部結晶化装置。

高耐熱容器では、充填およびキャッピング時の口部変形を避けるために必要な耐熱性を付加するため、プリフォームを口部結晶化にかけます。広口容器用には金属のふたが頻繁に使われ、また変形の可能性が細口ボトルより高くなります。高耐熱広口容器成形機HSB-2MやHSB-6Mと組み合わせられます。最大ネックサイズ110mm※(HSB-2M)、63mm※(HSB-6M)までの広口プリフォームの口部結晶化が可能です。

(※HSBの最大ネックサイズに基づく)

CM-2000M / CM-6000M

特徴

  • 最大113mm(CM-2000M)、
    77mm(CM-6000M)ネックサイズの
    プリフォーム口部結晶化が可能
  • HSB-2M/HSB-6M、PM-170/111Mと
    高耐熱広口容器成形システムの
    構築が可能
  • 時間あたりのプリフォーム生産量は
    最大2,000本(CM-2000M、113mmネック)
    6,000本(CM-6000M、77mmネック)

用途

高耐熱広口ネック

材料

PET

形状

プリフォーム(広口)