沿革

1978年-1990年

1978年11月
長野県坂城町に当社設立(資本金30百万円)
1979年01月
二軸延伸(ストレッチ)ブロー成形機の基本特許「射出延伸吹込装置」の特許を取得
1980年12月
米国カリフォルニア州に販売現地法人(NISSEI ASB CO.)を設立
[現在は米国スマーナ市に所在]
1987年05月
ドイツデュッセルドルフ市に販売現地法人(NISSEI ASB GmbH)を設立
1987年08月
本社を長野県小諸市に移転
1990年05月
日本証券業協会により店頭売買銘柄として登録

1991年-2000年

1993年04月
シンガポールに販売現地法人(NISSEI ASB PTE. LTD.)を設立
1995年05月
メキシコシティーに販売現地法人(NISSEI ASB CENTRO AMERICA, S.A. DE C.V.)を設立
1995年07月
一貫生産ストレッチブロー成形機PFシリーズ、プリフォーム成形機PMシリーズ、耐熱容器用2ステップブロー成形機HSシリーズを商品化
1997年02月
インドアンベルナス市に生産現地法人(ASB INTERNATIONAL PVT. LTD.)を設立
1999年09月
ASB INTERNATIONAL PVT. LTD.が部品の生産着手

2001年-2010年

2001年07月
ASB INTERNATIONAL PVT. LTD.製の小型の一貫生産ストレッチブロー成形機ASB-50MB型を商品化
2004年12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
2005年04月
UAEドバイに販売現地法人(NISSEI ASB FZE)を設立
2007年08月
世界初となる全電動タイプの一貫生産ストレッチブロー成形機ASB-15N/10E型を商品化
2009年02月
高速プリフォーム成形機PMシリーズを商品化
2009年03月
高耐熱容器用2ステップブロー成形機HSBシリーズを商品化
2010年04月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場
2010年06月
大型の一貫生産ストレッチブロー成形機ASB-150DPW型を商品化

2011年-現在

2011年09月
高耐熱広口容器用2ステップブロー成形機HSB-6M型を商品化
2012年09月
東京証券取引所市場第二部に上場
2012年11月
大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)の上場廃止
2012年12月
ASB INTERNATIONAL PVT. LTD.製の小型の一貫生産ストレッチブロー成型機ASB-12M型を商品化
2013年06月
ASB INTERNATIONAL PVT. LTD.の第2工場が稼働を開始
2013年09月
一貫生産ストレッチブロー成形機の大量生産機PF24-8B型を商品化
東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
2017年09月
一貫生産ストレッチブロー成形機の大量生産機ASB-150DPX型を商品化
2018年09月
長野県佐久市に千曲川工場を開設
ASB INTERNATIONAL PVT. LTD.の第3工場を開設
一貫生産ストレッチブロー成形機の大量生産機PF36/36-600型を商品化
2018年12月
新技術「ゼロ・クーリングシステム」を搭載した成形機、金型の商品化