ご挨拶

 株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 当社第43期第2四半期連結累計期間(2020年10月1日から2021年3月31日)の中間事業報告書のお届けにあたり、一言ごあいさつ申し上げます。
 当期間においては、全世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大したものの、独自技術の「ゼロ・クーリングシステム」の市場浸透による競争力の強化に加え、コロナ禍を背景に安全で衛生的なプラスチック容器の需要の高まりを受け、当社のPETボトル成形機への引合いは堅調に推移いたしました。このような中、当期間の経営成績は後記のとおり、受注高、売上高、各利益項目で過去最高を更新いたしました。改めて株主の皆様のご支援とご協力に感謝申し上げます。
 今後につきましては、コロナ禍による不安定な外部環境の継続が想定されるものの、中長期的な成長発展方針を継続し、事業規模の拡大を見据えた施策を実施いたします。具体的には、「ゼロ・クーリングシステム」の更なる浸透による販売拡大、大量生産機のシェア拡大、環境配慮型技術の開発など各種施策を積極的に推進してまいります。また、生産面では、本社工場における金型追加工設備の導入、インド工場へ追加の設備投資など、グローバルでの生産全体最適を図る柔軟な体制を構築してまいります。
 株主の皆様におかれましては、当社グループの更なる成長にご期待いただき、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2021年6月
代表取締役会長 CEO
青木  大一


代表取締役社長 COO
宮坂  純一