未来に向けての躍進。

日精エー・エス・ビー機械株式会社(ASB)は、1978年にPETボトル成形機の企画・開発・生産を手がける企業として長野県に誕生しました。以来、常に革新的な技術力と、きめの細かいユーザーへのサービスを提供し、ボトル生産機のパイオニアとして、ASBは世界ブランドに育ってきました。そして、設立30周年を迎えた2008年11月に、「経営理念」と「行動指針」を制定しました。


経営理念

人と社会に豊かさを提供する。

ASBは、PETボトルを広く世界に、より多くの用途で普及させていく事業を通じ、人々が便利で、より豊かな生活を営むことができるようにします。

高い技術、サービスで恒久的な存続を追求する。

ASBは、継続的な技術開発、サービス対応を心がけ、競争力のある高品質、高性能、低価格な商品を提供し、社会から高い信頼を得られるよう尽力します。


行動指針

当社では、上記「経営理念」のもと「行動指針」を制定し、当社従業員の働く目的、方向性を共有いたします。

顧客満足の追求

継続的改善への試み

規律と活力ある職場