特別なニーズにも対応できる、豊富な特殊成形技術。

ASBは生産の自由度を高める数多くの優れた技術を開発してきました。


シャンパン底

成形機に組み込まれた「上底遅延装置」と対応する金型により、シャンパン瓶のような深い皿形状の底が簡単に成形できます。
(ASB/PF/HSB)


割型温調ブロー

ASBシリーズの機械では、ポリプロピレンの細口容器を安定して成形するために割型温調ブローが利用可能です。またこの技術を使うことで、厚肉のPET容器・高延伸倍率容器も簡単に成形できます。


扁平率の高い容器成形

プリフォームは扁平インジェクションコアやキャビティの利用で成形可能。プリフォーム温度は扁平金型温調ステーション(ASB)、プリファレンシャルヒーティング(PF)で調節され、均等な肉厚分布を維持しながら、3:1(ASB)、2.5:1(PF)までの高扁平率の容器成形を容易に実現できます。


グリップ可能なボトル成形

グリップ部分を従来より可能な限り深くつかみやすい形状にできます。これにより、誰にでもつかみやすい大きな容器が成形できます。


金型パーティングラインを容器正面に設定

金型のパーティングラインを扁平容器の正面に位置させることで、取数を増やすことができ、最大80%の生産性向上が望めます。前後面はラベル貼り付け面となりますが、高い金型技術によりパーティングラインはほとんど目立ちません。


PET缶

非常に薄いフランジが射出成形できるため、アルミ缶の蓋をかしめることができます。透明な容器は製品の訴求力を高めます。(ASB)


ハンドル容器

一体型(PF)、後付け型/インサート型(ASB/PF)など多様なハンドル容器が成形可能です。温調ステーションでスポット冷却することで、ハンドル挿入に適した温度状態で延伸ブローが可能になります。


オフセンター成形

家庭用洗剤などのスプレータイプの容器は胴部中心点がオフセンターのものが中心です。ASBはこの種の容器成形でも多くの実績を誇り、標準で2:1、特殊対応では7:3と高いオフセンター率の容器も成形可能です。


ネック位置決め装置

ASBシリーズでは成形中、容器のネックは固定されているため、扁平瓶などのボトル形状に合わせ、キャップの注ぎ口の向きを一定に保つことが可能です。PFシリーズではオプションのネック位置決め装置を使用することで同じ効果が得られます。


複雑なネック形状/短いネック

プリフォームは容器ごとにカスタマイズ設計するため、どのようなネックも対応可能です。既製のプリフォーム形状に制限されることはありません。(ASB/PF)標準ネックでは最小10mm、ASBシリーズの特殊ネックでは最小3mmの短いネックも実現可能で、キャップデザインの幅が広がります。


ロングネックボトル

ロングネックはワインボトルなどでよくみられます。ネック部分を最大限軽量化した均等な肉厚をもつ高品質の容器が成形可能です。
(ASB/PF)


サポートリングなし/最少サポートリング

ASBシリーズの場合、成形されたねじ山でネックは保持されるためサポートリングは必要ありません。PFシリーズではサポートリングサイズをプリフォームの半径より1mm大きい程度の大きさまで最小化可能です。これにより容器重量が削減でき、またデザイン性も向上します。


容器から容器へのリサイクル

特殊レジンドライヤーを使用することで、PETフレーク材の利用が可能です。このフレーク材は、分別、洗浄、粉砕によって生産され、非食品容器用途に利用されます。フレーク材で成形することにより、環境に優しく、エネルギーや材料コストの削減にもつながります。