インジェクションストレッチブロー成形機のパイオニア。

インジェクションストレッチブロー成形が始まった頃、日精エー・エス・ビー機械株式会社(ASB)はこの業界のパイオニアであり、PETは飲料や食料品容器の材料として、まだその存在を確立したばかりでした。
今日、ASBはPETと共にインジェクションストレッチブロー成形業界の最前線で、その地位を確固たるものにしています。

ASBがパイオニアとして開拓したのが1ステップインジェクションストレッチブロー成形機の分野です。
世界的な4ステーション機であるASBシリーズは、その実績ある安定性と汎用性で、今日でも世界中のお客様から高い支持をいただいています。また、1ステップと2ステップの良さを併せ持つ革新的な1.5ステップ「クールパリソン方式」も独自開発しました。
2004年には実績ある2ステップリヒートブローシステムに磨きをかけ、高温充填耐熱容器の生産が可能なHSBシリーズを発売。様々なお客様のニーズに応えられるよう、幅広い製品をラインナップしています。