1ステップストレッチブロー成形機のパイオニア、
「ASB」のオリジナルコンセプト。
柔軟で効率的な4ステーションワークフロー。

1ステップ成形機は、プリフォームの内部保有熱を無駄なく利用できるため、全工程で使用するエネルギーは2ステップ機に比べ格段に低くなっています。成形自由度に優れ、特殊成形やPET以外の容器の成形にも最適。高品質なボトル成形が可能です。

射出ステーション 温調ステーション ストレッチブローステーション 容器取り出しステーション
1

射出ステーション

プリフォーム射出成形

プリフォームは射出成形後、樹脂の結晶化温度以下に冷却されますが、再加熱しなくてもブロー成形に必要な温度を保持します。カスタマイズされたプリフォームデザインと射出パラメーターの設定により、最終容器成形に必要な温度分布が最適化されます。プリフォームは最終容器に求められる理想的なデザインに設計されるため、規格外のネックなど特殊な容器でも簡単に実現できます。

2

温調ステーション

プリフォーム温度調整

ASBシリーズ独自の温調ステーションにより、柔軟性の高い安定した成形が可能です。様々な形状の容器や軽量ながら強度のある容器の成形だけでなく、PET以外の各種樹脂の成形も可能にします。また外部要因が原因となって発生した品質のばらつきは、温調ステーションで微調整することができ、成形の安定性を向上させます。

3

ストレッチブローステーション

ボトルブロー成形

標準的なストレッチブロー成形工程に様々な設定を行うことで、あらゆる形状の容器成形が可能です。具体的には、寸法安定や形状変形防止のためのアニーリング、準耐熱用のヒートセットやハンドルインサート成形、または脱着可能なハンドル組み込み部の成形などの対応が可能です。

4

容器取り出しステーション

容器はプリフォームが成形されたときから最終容器に至るまでリップキャビティでネックを保持されていますが、ここでリップキャビティから離型され、容器が取り出されます。4ステーション機では樹脂から採取容器まで一台の機械で成形されるため、ネックや胴部の擦り減りや傷もなく、他には真似のできない高品質で外観の美しい容器の成形が可能です。