1ステップを極めたASBならではのユニークな発想。
次世代をリードする独自の革新的なコンセプトを提案します。

PFシリーズを開発するにあたり、ASBの技術者は1ステップと2ステップの工程を詳しく検証しました。各構成要素に分解した後、PET容器の生産に最も効率的な方法を再構成。1ステップと2ステップの良さを併せ持つ、独自の「クールパリソン」方式を採用しました。この方式では、プリフォームが射出成形された後、冷却、均温化、再加熱、ブロー成形という工程をたどります。 1.5ステップでは、プリフォーム射出ステーションの射出型締めシステムが大変コンパクトな一方、ブローステーションは機種により射出ステーションの2分の1、3分の1または4分の1のキャビティ数です。これにより金型への投資を大幅に削減でき、また共通のプリフォームから形の違うファミリー容器を成形できます。金型の大幅なシンプル化により、金型交換のための機械停止時間を大幅に減らせます。

プリフォーム射出成形・一次冷却 二次冷却 プリフォーム温度平衡/安定化・ピッチ調節 再加熱ステーション プリフォーム温度平衡/安定化・特殊処理 ストレッチブロー成形 容器取り出し
1

プリフォーム射出成形・一次冷却

射出部とブロー部を分離させたことにより、プリフォームピッチを最小限にしています。コンパクトな射出型締設計でありながら、高い型締め力を実現しました。

2

二次冷却

他のシステムと異なり、プリフォーム成形が開始されても、プリフォームはインジェクションコア上で引き続き冷却されるため、射出サイクルの効率が向上し、成形サイクルが短縮されました。

3

プリフォーム温度平衡/安定化・ピッチ調節

プリフォームが搬送される際、射出成形ピッチからブロー成形ピッチにピッチが調整されます。このステーションを設けたことにより、搬送時にプリフォームの表面から内面までの温度が平衡/安定化されます。これは確実な成形と材料のロスをなくすために欠かせない要素です。

4

再加熱ステーション

ハロゲンヒーターによる赤外線加熱で、最適で均一な肉厚分布が確保できます。加熱ランプは全て、位置調整と出力調整が可能です。

5

プリフォーム温度平衡/安定化・特殊処理

他のシステムと異なり、プリフォーム成形が開始されても、プリフォームはインジェクションコア上で引き続き冷却されるため、射出サイクルの効率が向上し、成形サイクルが短縮されました。

6

ストレッチブロー成形

ブロー型は冷却、もしくはオプションの温調器により高温にコントロールされ、準耐熱ボトルなど、特殊な成形にも対応できます。

7

容器取り出し

容器は成形機から取り出され、オプションの取り出しコンベア上に整列させることも可能です。