竹内 稔

長く使っていただくため
納得のいく品質を目指す

竹内 稔Minoru Takeuchi

2013年入社
成形技術部 成形技術2課

現在の主な仕事内容を教えてください

主に組み立てが完了した機械・金型の品質管理や、調整を担当しています。出荷準備に加え、世界中のお客様の工場へ出向き、製品のスタートアップ(立ち上げ)作業や、ボトル成形機の修理等も行います。

仕事をするうえでのこだわりはありますか?

お客様には製品を長く大切に使っていただきたいので、何よりも品質を保つことにこだわっています。出荷前のボトル成形機の調整や品質管理は、ライン作業ではなく1台ずつ担当者が付いて手作業で行っています。ボトル成形機が正しく稼働するかだけではなく、将来の故障に繋がる機械の動きや油漏れがないかなど、くまなくチェックしていきます。

仕事をするうえでのこだわりはありますか?

海外でのエピソードを教えてください

ASBは世界14カ国に現地法人や事務所があり、130カ国以上のお客様に対応しています。思い出深いのは、3カ月間にも及ぶトルコでのスタートアップ作業です。担当したのは、口が広い大容量の耐熱ボトル。ペットボトルで作るのは世界初の試みで、まさに一からの挑戦でした。かなり高度な技術が要求され、実際のスタートアップ作業はトラブルと苦労の連続でした。それだけにお客様が納得できる品質で納めることができたときは、達成感と嬉しさでいっぱいになりました。もしかしたら、日本で流通する日もそう遠くないのかもしれません。

海外でのエピソードを教えてください

どんな人と働きたいですか?

成形技術2課は活気溢れる賑やかな現場仕事が中心なので、元気のある人が一番です。また搬入先でお客様一人ひとりのご要望にお応えしていくこの仕事は、技術と知識が必要です。常に勉強する姿勢を忘れずに、経験を積んでいける人がいいですね。

どんな人と働きたいですか?
社員紹介一覧へ戻る